トップ > 新刊JPニュース > ビジネス・IT・自己啓発 > 一流の人が実践しているトイレ習慣とは。
新刊JPニュースを定期的に読む新刊JPニュース RSS

2015年09月25日 08時配信

一流の人が実践しているトイレ習慣とは。


一流の人が実践しているトイレ習慣とは。
一流の人が実践しているトイレ習慣とは。
 あなたの家や会社のトイレはきれいに保てていますか?
 便器に黒ずみができている、壁が黄ばんでいるなど、ちょっとでも油断すると汚れてしまうのがトイレですが、毎日使うところですし、清潔に保ちたいですよね。
 トイレをきれいにしておくと、どれだけいいことがあるのか。こんなデータがあります。
 日用品メーカー・ライオン株式会社が行った調査によれば、トイレを清潔に保っている人たちの世帯年収(平均542万円)は、トイレが汚い人たちの世帯年収(平均454万円)より約90万円も高かったそうです。トイレ掃除と金運はよく関連づけられますが、こういった形で数字としてあらわれているのです。

 『「トイレ掃除」で金運アップ! 人生大好転!』(マキノ出版/刊)は、いかにトイレという空間を活用して、自分の人生を好転させるかに特化したかなり奇抜な内容のムックで、最初から最後までトイレの話題ばかり。ひたすらトイレ! トイレ! トイレ! とトイレ推しが続くのですが、普段は排便や放尿が主な目的のトイレは、時に心を落ち着く空間を演出し、時に教育の場所にもなるといいます。

■一流の人はトイレの大切さを知っている
 芸能界ではビートたけしさんや和田アキ子さん、タモリさんなど、スポーツ界では星野仙一さんや石川遼選手などが自ら行い、経済界では松下幸之助やダスキン創業者の鈴木清一など、一流の人々が大事にしている習慣があるのを知っていますか?
 それは「トイレ掃除」です。
 イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんもその一人。鍵山さんは、前身会社にあたる株式会社ローヤルを創業したとき、なかなか会社がうまくまわらないという壁にぶつかります。そこで始めたのが、社長自ら社内の掃除を行うこと。特にトイレは素手で念入りに磨くようにしました。それからしばらく経つと協力する社員も増え、社内雰囲気は穏やかになり、社内の業績も上がったそうです。トイレ掃除は基本、下に向いた姿勢で行うもの。そこで人は謙虚になり、悩みや怒りが消えるのではと語っています。

■トイレはアウトプットに最適の場所である
 トイレで馳せた思いをエッセイとしてまとめた『すなわち、便所は宇宙である』(扶桑社/刊)などの著作がある芸人・千原ジュニアさんは、このムックの中で、トイレは宇宙であり、アウトプットを生み出す場所だと言います。
 ジュニアさんの家のトイレには、常にノートが置いてあり、なにか思いつけばそこにメモをするようにしているそうです。つまり、メモはアイデアが飛び出てくる場所。ジュニアさんの場合、あーでもない、こーでもないと考えていると、ヒラメキがそのままトイレを飛び出て宇宙に至り、そして言葉になって戻ってくる感覚があるとか。
 確かにトイレは何者にも邪魔されぬ空間であり、外界から遮断してくれる場所。思索に耽るにはとっておきなのです。

■トイレクリーンマイスターが伝授する掃除のコツ
 自分のパワーを増幅させてくれる空間、トイレ。そんな場所だからこそ清潔に保ちたいものですが、どうしても掃除をするのが億劫になるところでもあります。
 お笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春さんはトイレ芸人としての顔を持ち、“プロのトイレ掃除人”の資格であるトイレクリーンマイスターを取得しています。そんな佐藤さんがあげるトイレ掃除のコツは以下の通り。
1、「上から順」が基本。まずトイレに入ったら、上を見て、換気扇をチェックする。
2、かるく濡らしたぞうきんで壁を拭いていく。
3、柔らかいブラシに洗剤をつけて、トイレ本体を磨く。
4、便器の見えづらい部分の掃除をする。
5、最後は、床を拭いて完了。
 トイレがきれいになると気持ちが良いもの。少しばかりでも心が豊かになったような感覚になるはずです。ぜひしっかり掃除をして、トイレを心地よい空間にしてみませんか?

 『「トイレ掃除」で金運アップ! 人生大好転!』は、掃除をはじめ、空間の活用法、トイレと教育の関係などさまざまな視点からトイレという場所についてつづられています。トイレは毎日使う場所。だからこそ、大事に使っていこうではありませんか。
(新刊JP編集部)

関連記事


-PR-
こちらもオススメ


-PR-
新着
ランキング
-PR-
編集部日記
おすすめ