トップ > 新刊JPニュース > ビジネス・IT・自己啓発 > 夫の年収を上げる 妻のほめ方しかり方
新刊JPニュースを定期的に読む新刊JPニュース RSS

2014年04月17日 19時配信

夫の年収を上げる 妻のほめ方しかり方


夫の年収を上げる 妻のほめ方しかり方
夫の年収を上げる 妻のほめ方しかり方
「旦那の年収」は主婦の大きな関心事です。専業主婦はもちろんですが、夫婦共働きの家庭でもそれは同じでしょう。
それなら、旦那さんの収入アップのために奥さんも協力するというのが、美しい夫婦の姿。そして、実際に家で奥さんが励ましたり、尻を叩いたりすることで、旦那さんの仕事力を上げ、収入増につながります。
今回はそんな励まし方や言葉のかけ方を『失敗はお金に変えられる』(菊原智明/著、経済界/刊)から紹介します。

■結果オーライが一番危ない
仕事がうまく行くと、家に帰って家族に話したくなるのが男の性。しかし、その成功が本当に実力によるものなのか、単に運が良かっただけなのかはきちんと見極めなければなりません。
もし、旦那さんが浮かれていて冷静さを欠いているようなら、奥さんの出番。話を聞きながら、旦那さんの成功が実力なのか運なのかを判断して、もし運がよかっただけの成功に酔っているなら「結果オーライが一番危ないよ」と釘を刺してあげましょう。

■失敗はチャンス。必ず後で生きてくる
反対に、落ち込んでいる時のケアも重要です。
自分で立ち直れる人なら放っておくのも手ですが、ほとんどの人はそんなに強くないでしょう。
たとえ失敗をしたとしても、それを糧に成長できればその失敗も無駄ではなかったと思えるはずなのですが、落ち込んでいる最中の人はそこまで考えられないことも。さらには「俺は何てダメな奴なんだ」と、より深みにはまってしまうこともあります。
もし、旦那さんがそんな状況に陥ってしまったら「この経験はチャンス。後で必ず生きるよ」と言って、失敗を成長の糧にする姿勢を思い出させてあげると、旦那さんは気持ちを立て直すことができるはずです。

■いい反省と悪い反省
失敗を乗り越えてさらに成長できるかどうかは、失敗した時にどんな反省ができるかにかかっています。
単に怒られたり、落ち込んだりするのを避けようとする反省は、失敗を恐れ消極的になるだけの「悪い反省」です。これでは、その失敗によって仕事力が上がることはありません。
これに対して、「いい反省」は、積極性を失わず、なおかつ同じ失敗をしないためにどうすればいいかを考えること。その失敗のおかげで技術やノウハウを得られるのが「いい反省」です。
もし、旦那さんの反省が「悪い反省」だと感じたら、失敗した原因や対策に水を向けて、「いい反省」ができるように導いてあげましょう。

旦那さんが成長して、出世したり、収入を上げることができるかは、奥さんの腕次第。
本書には、失敗を最大限利用し、自分の血肉にしていくための考え方が数多く取り上げられていますので、「もっと稼いでもらわないと」と考えている奥さま方は、ぜひ活用してみてください。
もちろん、ビジネスマンにも役立つ、収入アップにつながる方法も満載の一冊です。
(新刊JP編集部)

関連記事


-PR-
こちらもオススメ


-PR-
新着
ランキング
-PR-
編集部日記
おすすめ