トップ > 新刊JPニュース > ビジネス・IT・自己啓発 > やってみて損はナシ!?お金を引き寄せる習慣
新刊JPニュースを定期的に読む新刊JPニュース RSS

2014年02月20日 19時配信

やってみて損はナシ!?お金を引き寄せる習慣


やってみて損はナシ!?お金を引き寄せる習慣
やってみて損はナシ!?お金を引き寄せる習慣
 「大金持ちになったら○○したい」
 お金がない時ほどこんな妄想をしてしまいますよね。
 もちろん、お金が欲しければ一生懸命働いたり、時には宝くじを買ったりするしかないわけですが、何をするにしても自分のところにお金が集まりやすい状態にしておくに越したことはありません。
 『百発百中』(サンマーク出版/刊)は、斎藤一人さんと柴村恵美子さんという、当代きっての実業家二人による共著。そこでは「すべてのものには固有の波動がある」とされ、その「波動」を感じることでお金を引き寄せる方法が明かされています。

■一万円札の匂いを嗅いでみよう
 衛生的にも、観念的にも「お金は汚い」ということがよく言われます。
 しかし、だからといってお金を遠ざけていては、お金を引き寄せることはできません。
 すべてのものに「波動」があるということは、一万円札には一万円札の波動があるということ。一万円札を引き寄せたいのであれば、お金を汚いなどと思わずに、その匂いを嗅いでみましょう。そうすることで、脳は一万円の波動を感じて活性化され、もっと一万円を引き寄せようとします。つまり「もっとお金を稼ごう」というという気になるのです。

■“ケチくさい”ことを言わない
 普段高価な腕時計を身につけない人が、誰かにロレックスの時計をプレゼントされたとしたら、「壊してしまったら大変」ということで、ここ一番の大事な時以外は身につけずにしまっておくかもしれません。
 しかし、斎藤一人さんは、これを「ケチくさい」として、「ケチくさいことを言っているとケチくさいことを引き寄せる」と言います。
 お金を引き寄せるためには「もっと稼ぎたい」という意欲こそが何よりも大切です。現時点で可能かどうかは別として「ロレックスくらい、壊れたらまた買えばいい」という意気込みで、普段使いする人の方がお金を引き寄せやすいといえます。

■いい見栄と悪い見栄
 一般的に、「見栄を張ること」は悪いことだとされています。これは、中身が伴っていないのに、外見だけ飾ってもダメだ、ということですが、斎藤一人さんの意見は違います。
 自分を豊かにするための見栄、豊かな波動を出すための見栄はいい見栄であり「見かけをよくしていると中身も変わってくる」としています。たとえイミテーションでも高価な鞄を持ったり、いい靴を履いたりすると、これが似合う自分になろうと言葉や振る舞いに意識が行きます。さらに高価なものを身に着けながらも、笑顔が素敵だったり優しい言葉を使ったりしているとますます豊かな波動が出て、周りで見ている人に「なんて素敵なんだろう」と思われるのです。
 ただ、威張るための見栄や、借金をしてまで自分を着飾るのは「悪い見栄」です。あくまで豊かな波動のために、自分のできる範囲でやってみましょう。

 本書には、実際にお金を稼ぎ続け、お金持ちでありつづけている二人だからこそ語ることのできる「豊かに生きる秘訣」が綴られています。お金がほしい、でもどうしていいかわからないという人は、まず今回取り上げた習慣から始めてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)

関連記事


-PR-
こちらもオススメ


-PR-
新着
ランキング
-PR-
編集部日記
おすすめ