トップ > 新刊JPニュース > 生活・実用 > 結婚相手は直感で決めるべき? それとも…?
新刊JPニュースを定期的に読む新刊JPニュース RSS

2012年09月06日 18時配信

結婚相手は直感で決めるべき? それとも…?


 好きな男性の気を引くために、何気なく使っているコトバ。それが、実は相手に「なんなの…」と思わせてしまい、幸せな恋を逃してしまうきっかけになってしまうこともあります。
 そんな恋のNGワードを、ちょっとスピリチュアルな視点から集めたのが『愛されたいなら使ってはいけない!恋のNGワード88』(はづき虹映/著、マガジンハウス/刊)です。
 では、実際にどんなコトバに男性は引いてしまうのでしょうか? 今回は著者のはづきさんにお話をうかがいました。今回は前回に引き続き、後編をお送りします。

■結婚相手は直感で決めるべき? それとも…?

―どういう風にそういった自分の“重い部分”を克服していけばいいのでしょうか。

「「重い」原因は、「思い」にあります。どんな「思い」であっても、それに執着すると「重く」なるのです。ただ、自分の「思い(重い)グセ」を直すのは、目に見えないだけに大変です。ですから、私がおススメしているのは「言葉づかい」を変えること。「思い」は「重い」ままでもかまわないので、口から出る言葉だけでも「明るく軽い」ものに変えることです。「うれしい!楽しい!幸せ!すごい!よかったね!おもしろい!最高!なるほど!そうだね!それから?」など。自分の口から出る言葉をポジティブな言葉に変えていくことで、「重い思い」を手放していくことができるようになるのです」

―男性の選び方で気をつけるべき点を、はづきさんの専門分野であるスピリチュアルな視点を踏まえて教えていただけますか?

「スピリチュアルなレベルで診ると、魂の進化レベルは女性上位だと言えます。男性はごくわずかの優れたリーダーとその他大勢という形で、極端に二極化する傾向があります。それに対して女性は飛び抜けて良い方も、悪い方も少なく、全体的な平均値が高いのです。ですから、女性が飛び抜けたリーダーレベルの男性をゲットしようとすると、どうしても過当競争にならざるを得ません。ですから女性としては、すでにリーダーレベルの優秀な男性を恋愛のターゲットにするのではなく、これから伸びそうな男性を見つけて、自分が育てていくと意識することをおススメします。ポイントは「素直さ」です。素直な男性は、女性がしっかりリードして、褒めて育ててあげれば、いくらでも伸びるもの。これからの時代の女性の仕事は、男性をリードして育てていくことだと、私は想っています」

―結婚相手は直感で決めるべきなのでしょうか、それとも相手についていろいろ深く知ったあとの方が良いのでしょうか。

「結婚は頭で考えていてはできません。冷静に考えて現在の結婚というシステムは、どう考えても男女双方にリスクの大きな制度であって、考えれば考えるほど、「ひとりの方がいい」という結論に達してしまうことになるのは避けられないでしょう。結婚という無謀なシステムにあえて挑戦しようとするのなら、もう勢いしかありません(笑)。ある意味、「恋」という魔法にかかったからこそ、結婚しようと想うのであって、「恋の魔法」が解けない内に結婚するとなると、やはり直感重視ということになるのではないでしょうか」

―この本をどのようなときに読んで欲しいと思っていますか?

「恋する気持ちは、神様からのギフト、贈り物です。がんばって努力しても、人を好きになることはできません。人を好きになれるのは、本当に素晴らしいことなのです。ですから、多くの人がもっと自由に恋愛という体験を味わって欲しい、と私は想っています。
今、恋愛中の人も、片思いの人も、待機中の人も、「恋する気持ち」を失っていないステキな恋愛を経験したいと願うすべての女性に、ぜひ読んで欲しいと想っています」

―読者の皆様にメッセージをお願い致します。

「本書の巻末にも書かせて頂いた言葉ですが…、『自分の言葉に、最も影響を受けるのは、ほかの誰でもない自分自身。あなたの言葉が、あなたの人生を創ります!』。これが、私が読者の皆さんに最もお伝えしたいメッセージ、そのものです」

(了)

関連記事


-PR-
こちらもオススメ


-PR-
新着
ランキング
-PR-
編集部日記
おすすめ