トップ > 新刊JPニュース > 文芸・エンタメ > 綿矢りさサイン会に長蛇の列
新刊JPニュースを定期的に読む新刊JPニュース RSS

2012年08月10日 20時配信

綿矢りさサイン会に長蛇の列


サイン会での綿矢りささん
サイン会での綿矢りささん
 7月31日に発売された綿矢りささんの新刊『ひらいて』(新潮社/刊)の刊行記念サイン会が8月8日(水)、紀伊國屋書店新宿本店で行われた。
 綿矢さんは、昨年『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞し注目を集め、本作が受賞後第一作となる。

 『ひらいて』は、主人公の女子高生「愛」の内面の変化と、それに伴う行動に焦点を当てた一人称小説。
 高慢でどこか冷めた性格の愛は、いつからか同じクラスの男子生徒に恋をする。そのまなざしや態度、一風変わった名前など、彼の持つすべてが愛をひきつけ、彼に夢中に。
 彼女は彼をもっと知りたい一心で、予備校の仲間たちと共に夜の学校に忍び込み彼の机の中を漁るという大胆な行動に出るが、そこで彼に恋人がいることを知ってしまう。
 しかし、愛の気持ちは冷めるどころか、ますます熱く彼に、そしてあろうことか彼の恋人に向けられていく…。
 愛の彼への恋心は痛々しいほど切実だが、その切実さゆえか、思い悩んだ末に取る行動はあまりに破天荒で、どこかコミカル。生まれて初めての恋に向かってひた走る彼女の勢いがそのまま物語の勢いとなり、読者をラストまで一気に運んでいく。

 デビュー時から評価されてきた綿矢さんの丁寧な心理描写はこの作品でも一層冴え、それは慌ただしく動く物語の終盤をしっかりと支えている。スピード感のある展開だが、粗さはない。

 サイン会には約140人の読者がつめかけ、大盛況。
 訪れたひとりひとりと言葉を交わしながら、ゆっくり、丁寧にサインを書いていく綿矢さんの姿が印象的で、どこか彼女の仕事ぶりを象徴しているように思えた。
(新刊JP編集部)

関連記事


-PR-
こちらもオススメ


-PR-
新着
ランキング
-PR-
編集部日記
おすすめ